スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年02月01日

チャンバー類の研究 その1

チャンバー類の相性を調べて、よりロングレンジで集団性をアップさせる検証をしていきます。
あくまでも個人的な意見ですし、間違いもあると思いますので鵜呑みにせず、参考にしていただく位が良いかと思います。
このテーマは更新が遅くなると思いますがご了承ください。

今回はこちらの相性を見ていきたいとおもいます。



チャンバー・・・PROWin製のメタルチャンバー


チャンバーパッキン・・・東京マルイ製
非常にソフトな物となっていて、安価で集団率アップします。


ポップテンショナー・・・どんびしゃJr
画像を見ていただけたらわかるようにVのように溝がついています。細くなっている方をバレル側にすることで集団性を狙った商品です。

インナーバレル・・・LayLak製EGバレル
6.03mm ±0.01mmの誤差のタイトバレルになって
います。素材は高強度ステンレスを使用し、表面はバリやズレは一切ないキレイなバレルです。
ですが、一部のバレルには内径が大きすぎて入らないものもあります。

このセッティングで撃ってみた結果
「狙った場所に弾が飛んでいかない!!!!」
ほぼフライヤー気味になってサバゲーでは到底使えそうもないな。CQBか、ハイサイクルで弾をばらまくなら使えるかもしれないけれど。

結果・・・残念!

次は少しずつパーツを変えながら検証していきたいと思います。
最後まで御観覧いただきありがとうございました。



  


Posted by ブライアン オコナー  at 08:29Comments(2)M4電動ガンPROWINLayLak