スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年09月09日

東京マルイ MEUピストル レビュー

東京マルイフェスティバルも終わったのにM4が発表されなかった。夏が終わりつつあるのに。もしかしたら来シーズンに又も持ち越しでは?笑笑


その東京マルイさんから出ているMEUピストルについてレビューしていきたいと思います。
まず、MEUピストルの紹介からしていきます。

MEUピストルは海兵遠征隊や特殊部隊フォースリーコンなどが使用する1911系の銃です。この銃はアメリカ軍がM9を採用して廃棄処分の1911の良いとこ採りをして作られた銃です。そして大事なパーツなどにはスプリングフィールドのパーツが使用され生まれ変わった1911が完成しました。特に特殊部隊の人々は45口径の強い威力が良いらしく、1911を使っている特殊部隊員は多いです。

実銃のスペックは
全長223mm 重量1134g 銃身長128mm
弾数7発+1発 弾丸.45 NATO弾

ガスガンのスペックは
全長223mm 重量843.0g 銃身長128mm
弾数28発+1発 弾丸6mmBB弾







次に箱の中身については





このような感じで入っています。
海兵隊のカラーリングで布が敷いてありカッコいいです!飾っておくのもこのままの方が良いかもしれませんね笑笑
内容物はMEUピストル本体と、マガジン、説明書、ターゲット、クリーニングロッド、レンチ、BB弾が入っています。
マガジンはクロームステンレスで黒の銃に映えますね笑笑多くのオペレーターの皆さんはクロームステンレスのマガジンを使っておられますし。そしてその下にはマガジンウェルが着いているのでマガジンそのものは傷付きにくくなっています。とは書いてあるものの、このマグウェルはプラスチック製なので落とした祭に壊れるか、それなりの衝撃を受けると思います。それで壊れなければ良いのですが。
MEU自体はカラーリングもきれいで、バリなども全く見受けられません。すごいですね笑笑






それではMEUピストルの各所に移ります。
始めにセーフティから




このパーツは恐らくメタルだと思います。操作感は馴染んでくると軽い力で動きますが、最初は両手で無理矢理上げないとセーフティが動いてくれませんでした。これを治すにはひたすら動かせ続ければ軽くなります。セーフティのクリック感はある方だとおもいます。もちろんアンビです。ガバメント等よりもセーフティレバーが伸ばされて操作しやすいようになっています。

フロントサイトリアサイトにはこのような感じです。





何も書かれていない為少し狙いにくいかもしれませんね。そして暗いところを狙うときはとても見にくいです。リアサイトにはセレーション?が入ってるので太陽の光で反射して眩しいことは心配要りません。リアサイトはこの銃の結構な目玉でもあるNOVAK´Sのリアサイトをこの銃は搭載しています。正式にコピーしたといった方がいいですかね笑笑リアサイトにも何も入っていないため少し狙いにくいです。




次に刻印を見ていきたいと思います。




スライド左側面にはこのような感じで入っています。なかなか丁寧な刻印になっています。
スライドも良い色でリアルさが増しています。
スライド右側面には刻印は一切入っていません。出来たら、スブリングフィールドの刻印を右に入れて欲しかったです。







次にバレルに移りたいと思います。バレルはこのような感じです。



アウターバレルはプラスチック製で黒の塗装となっています。刻印はNW7125 .45ACPの刻印が入れられています。ここの塗装といい、質感はスライドのようなリアルさが少し欠けています。
ホールドオープンさせた時はこのような感じです。



やはりパッとしませんね。自分がタクティカル系に興味があるだけかもしれませんが。バレルがシルバーになったらタクティカル満載でとてもかっこいいんですよね笑笑そしてホールドオープンした際やスライドを閉鎖した際にはプラスチックの音が目立ちますね。真鍮に変えたら金属音に変わるので変えたいです。







トリガーはこのような感じです。



3ホールの穴が空いています。フレームが黒なのでとても映えて良いアクセントです。トリガープルは比較的軽く、ストロークも短いので撃ちやすいです。連射は今慣れていないのでしにくいですが、慣れていたら明らかにしやすいとおもいます。






感想
とても良い銃ですね!!リアルで性能も良くてすばらしい。


  


Posted by ブライアン オコナー  at 08:00Comments(0)タクティカル東京マルイガスガンM1911系

2015年06月14日

カスタムパーツレビュー その2

犬のマダニ対策作るくらいなら、人間用をつくらんかい!

今回はカスタムパーツレビュー その2ということでいろいろレビューしていきたいと思います。

個人的な意見なので間違っているところもありますがご了承下さい








まずは、LayLaxのNINE BALL M&P9用ハンマースプリングセットをレビューしていきたいと思います。
このような感じに入っています。




価格もそこそこカスタムとしては安い方かな。

まず、M&Pのトリガーは重いし何かの粘り気があり気になりなかなか自分の好みでは無かったのでカスタムしようと思いました。
トリガー自体を交換してもいいのですが、まだ商品出てないかなと思いました。お値段が5000円を超すことになりそうですし。なのでハンマースプリング変えてトリガープルを軽くする作戦で行きました!!そこで見つけ出したのがこれです!!セットと言うこともありましたしね。
LayLaxさんはハンドガンのカスタムパーツをたくさん出してくださり感謝感謝であります。
カスタムとしてはフレーム側のハンマー系等をすべて取り外して一端ばらしてからハンマースプリング(黒色)とシアースプリング共に交換。マガジンの温度によってハンマースプリングは変えた方がいいらしいです。
 ハンマースプリングはノーマルに比べ約34%スライドの引きが軽減することによってハイスピードなブローバックになり、シアースプリングは約17%のトリガープルの軽減に繋がるらしいです。

まさにその通り!!!

ハンマースプリングはさほど変わらないというか、引きやすくなったと言った方が良いかと思います。シアースプリングの方は明らかにトリガープルが軽くなりました。数字として表す事ができなくて残念ですが、グロックよりも軽くなっていました。若干粘り気は残っていますが、純正に比べたら最高です!!
もう一点きずいたことがありまして、ハンマーが落ちるところが純正に比べて速いというところです。これには馴れるしかないですね。









次の品もLayLaxさんのHOPテンショナー ブリッジタイプです。
こちらは自分がよく使う物です。このブリッジタイプならではなのかな??これを使うと弾がきれいな弾道を描くようになります。おかげで、集団性も向上しました。

このような感じになってます。




ソフトとハードが一つずつ入っています。ハードと書いてあるだけにとても固いと思いますね。なかなかハードでは弾道がきれいになりませんでした。それに比べソフトはと言うと、0.2の弾でも安定した弾道を描きます。0.25ももちろん!なので自分はソフトの方を使っています。これがマルイのパッキンとの相性が良い!!これについてもたしか前に上げていたはず。
SR25に入れましたがやっとスナイパーライフルの弾道になりました。左右のブレがものすごく改善されます。







次は東京マルイ CQ FLASH tanカラーモデルについてです。
このように入っています。





外見はそこそこ良いものです。性能的には照射距離は15Mとなっていて、ハンドガンでのCQB等では普通使えると思います。流石に、もっと距離的に必要かと思います。本体は樹脂でできていて、硬いものにぶつけたら壊れます。電池はCR123ではなくボタン電池の使用です。
安いだけあって内部のパーツも単純になっています。そして、プラスチックなので割れたりしそうです。時々接触不良もありますし。
LEDにはアクリル坂だろうと思われるものがあり、そう簡単には割れなさそうです。着脱もワンタッチでできるところも良い点です。
マルイのSR16に装着するとガタはありませんが、海外の20mmレールにつけるとやはりガタが出てきます。どうしようも無いことですが。
そのくらいですかね。







最後に東京マルイ電動ガン用NEWマウントベースを紹介していきたいとおもいます。
このようなかんじになっています。




安定の格好よさ!!
このタイプのマウントが、前々から欲しかったんですよね!剛性は良いと思います。そして、1インチ経と30㎜経の二つに対応しています。スペーサーがあってそれが入る用に最初から設計されています。すごいですよね。このスペーサーも金属製で安心です。30mm経がいけるならば、ドットサイトも載せれますね。MD-33などはドットサイト自体が長いのでいけると思います。
マウント自体は一点で支えれるのでレールが短いかたにはオススメです。
一つだけ不満な点があって、レールを挟み込むネジが手で扱うような設計でありますが、なかなか締まらない。自分はラジオペンチを使ってそしたらガタも無くしめれます。どうせならナットにしてほしかったです。



なら今回はこれくらいにしておきます。














最後までご観覧頂きありがとうございました。


  


2015年06月07日

東京マルイ SR16レビュー

今回は東京マルイ SR16をレビューしていきたいと思います。

個人的な意見なので間違っているところもありますがご了承下さい。




まずは外見から。








このような感じになっています。これはお店の奥の方にありまして、誰にも目を向けれなかったのかな?なので買って半年はたちますがけっこう昔のパッケージです。まだニッスイのバッテリーが出てきていない年代のものだとおもいます。

各部についてレビューします。

まずは、刻印、レシーバーから




マルイのSTDは彫られていないのでプリントしてあります。そのプリントが案外キレイなんですよね笑
アッパーレシーバーとロアレシーバーは樹脂でできていて剛性まぁまぁですね。やはり、しなったり曲がったりと樹脂特有の感覚です。ですが、他社の樹脂と比べると剛性は明らかに違うかと思います。




次はハンドガード回りです。






このようなナイツアーマメント独自のR.I.Sらしいです。なので、別途R.I.Sを注文するのはナイツアーマメントとの契約上提供できないらしいです。レールが折れたとか、ネジ山が壊れた等々の故障は治してくれるとの事です。
このR.I.Sは案外重いので重心が結構前に掛かっているので、長時間使うと疲れてくるとおもいます。

気になった点は二つありまして、
一つ目はアッパーレシーバーとR.I.Sとの噛み合わせがいまいちのため、ガタガタしてしっかり握れないんです。剛性も心配ですし。
二つ目はR.I.Sの下のレール部分が取り外せるようになっています。ノーマルのM4のハンドガードと同じように。なので、フォアグリップを付けて握るとまたガタガタがきます。
どうしようも無いことかもしれませんが。


フォアグリップはナイツアーマメントのレプリカとなっています。しっかりとTOKYO MARUI MADE IN JAPANの刻印がされています。しっかりと取り付けられます。
個人的な意見としてはこのタイプのグリップはサバゲーで使いにくかったです。握る角度が急なのでですかね。


次はチャンバー周りです。



チャンバー自体は樹脂でできています。その他もビスを除くすべてのパーツが樹脂です。チャンバーがこのような物であるため、微調整があまりかけれないです。
買ってすぐ弾道が曲がったり、集団性が全く良くなく、弾の飛びも良くなかったため、初期不良で治しに出したところ、ホップアップの掛けすぎとの事で何もしないまま帰ってきました。全く弾が飛ばないから、強めにかけてるのにそのように言われてもどーしようもないんですよね。これにはマルイには呆れました笑 そんなことで、マルイのチャンバーパッキン買ってきて自分で組み込むときにギヤ的なものをつける凸のものが簡単におれしまいました。いくら接着で付けてもポロポロ取れてしまって。
ここ最近チャンバーはあまり生産してないらしく、パーツを取り寄せてもこなかったです。
いつできるか分からないのでガーダー製のM4/M16用チャンバーを買って組み込んでやりました。そしたら集団性も飛距離も治ってくれました。バレルは純正の物を使ってます。一応実践投入できる状態です。



次はリアサイトです。
このような物でした。




マルイのM4A1用フリップアップサイトらしいです。このサイトは穴がセミオート用の小さい穴なので狙いにくいです。左右の調整はできますが、上下は無理なようです。シンプルなので何でも合いそうですね。
フロントはM4A1のノーマルのフロントサイトです。こちらは上下の調整ができます。


買って半年。
使いにくいところはハンドガードと、ストック。
ハンドガードはM4の感じを残したいため保留にしてストックを組み込んでやりました。

Before



After



こんな感じです。

最後にバッテリーコネクターはラージバッテリー用の物なので交換するか、変換コネクターを買われることをオススメします。







感想
性能的にはいいと思いますが、個体差があり自分の銃はハズレでした。そして、マルイの態様が悪い。今回一番感じたことです。もしこれが初心者にあたっていたら可哀想です。
あとは少しかまってやれば良い銃になります!!
性能的にも、外観的にも。




最後までご観覧頂きありがとうございました。

















  


Posted by ブライアン オコナー  at 08:00Comments(0)M4電動ガン東京マルイ

2015年06月03日

GALAPANIA DUAL PURPAS SHELL CADDYレビュー

今回はGALAPANIAさんのDUAL PURPOSE SHELL CADDYをレビューしていきたいとおもいます。

個人的な意見なので間違っているところもありますのでご注意を。




GALAPANIAさんは、YouTube等々で活躍されておられるkaggikさんとジャックRさんが立ち上げられた会社だとのことです。主にタクティカルトレーニングの動画をアップしておられます。とても役に立つものばかりです。


では商品のレビューに移りたいと思います。
外装はこのような感じです。




箱からカッコいいです。飾れるものです。
中には説明書のURLが書かれた名刺と本体が入っていました。
このことから分かるように説明書自体は入っていません。詳しい説明はGALAPANIAさんのYouTubeチャンネルで紹介されています。そしてでどさんもこの商品のレビューをされていますのでそちらも参考にされたほうが良いかとおもいます。




DUAL PURPAS SHELL CADDYをベルトにつけたところこのような感じになりました。




構造的にもある程度のことは耐えれる感じです。
東京マルイのシェルはスぺーサーを外した状態で4つ入ります。タクティカルトレーナーや、ロス市警の画像を見た時には6つのシェルキャディを付けておられましたが、4つが一番掴みやすかったりする個数ではないかなと思います。
自分の知識不足かもしれませんが、シェルキャディは日本で唯一作成されているのはこのGALAPANIAさんの物ではないのかな??
そしてmade in JAPANでした。なので少し金額がお高いかな?ですが、普通にお金を払う価値があります!




こんなところでしょうか。
説明書等詳しい内容はGALAPANIAさんの動画をご覧下さい。
感想はとても気に入りました。ショットガンを使わないときはM4のSTDマガジンを差しておけば良いので装備を変える心配がありません。最高の一品でした。一つ不便な点と言えば、代金引換が無かったことのみです笑




最後までご観覧頂きありがとうございました。





  


Posted by ブライアン オコナー  at 07:30Comments(0)タクティカル東京マルイM870ショットガン